12月相場 IPOの初値が低い銘柄を仕込む

12月相場の傾向

12月は、節税の売り、IPOラッシュに伴う需給悪化で下げ相場になることが多い。

節税 売りとは、株の課税が申告分離にだけになった為、個人投資家の多くが含み損の出ている銘柄を12月に駆け込みで売却することです。他の銘柄で得た利益と相 殺して節税になるのである。また、12月はIPOラッシュでIPOの初値も低く抑えられことが多い。2005年は、なんと30社のIPOがあった。これで は、需給が悪化するのも止むを得ない。

12月相場の対策

IPO ラッシュによる需給悪化も、節税売りも逆手に取れば、12月は逆張りの個人投資家にとっては絶好の買いチャンスなのである。12月中~12月末が絶好の買 い場になるのではないか。しかし、2005年は、12月中からIPO銘柄の上昇相場に火が付き1月末まですごい上昇相場になtってしまい、ライブドアショ クで一気に弾けた感じだった。くれぐれもIPOの高値掴みだけには気を付けよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ページ上部へ戻る