9月相場 こまめに利益確定が無難か

9月下旬には、基準地価の発表がある。地価の上昇が予想を上回れば脱デフレの期待が膨らみ、株価はプラス要因である。しかし、予想範囲内に収まれば、逆に不動産、含み資産銘柄は売られることもありえるので要注意。

米国では、9、10、11月に株価が安いことが多いと恐れられ、悪魔が潜む10月などとも言われています。よって、9月に高値を追うのは危険でしょう。

9月は、小まめに利益確定をして10月まであまり持ち越さない方が得策かも。歴史的に見て9月相場は、日米市場ともに年間では最もパフォーマンスが悪い月であることだけは忘れてはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ページ上部へ戻る