株は儲かるのか?

 株は儲ける人もいれば 損をする人もいます。その金額も人によって雲泥の差があり、数百万円を100億円にした有名なジェイコム男ことBNF氏さんもいれば、数千万円をあっとい う間に無一文にしてしまった人もいます。彼らは極端にしても、資産を数倍にした人など多数いるのです。

株の世界には落とし穴がいっぱいあります。欲が出すぎたり、異常な売買に巻き込まれないよう注意しなければいけません。また、資産のすべてを株に注ぎ込むなどといったバカなことだけは決してしないようにしましょう。

株にリスクはつきもので すが、ギャンブルではありません。リスクを最小限に抑える投資法をすれば、案外簡単にに儲けることができることも事実です。株の勝つ、必勝法はインター ネットや書籍で多く紹介されています。ここでは詳しくは紹介しませんが、簡単に言うと株は安い時に買って、高い時に売ればいいだけなのです。ちなみに、私 が実践しているリスクが少なく儲かる売買手法を紹介しましょう。

将来上がりそうな銘柄を探し出し、上がる前に(安い時に)買う

所謂、割安株を見つけ出し、上がる前に仕込んでおくということです。割安株というのは、株価収益率(PER)、株価純資産倍率(PBR)などの指標において

・PER=現在の株価/1株辺りの収益=20倍以下
・PBR=現在の株価1株辺りの純資産=1倍以下

であり、且つ、将来に 渡って、利益の伸びがあることです。このような、指標から企業価値を分析することをファンダメンダルズ分析といいますが、特に中長期の投資をする方には必 須の考え方です。このような有望な割安株はインターネットで簡単に探し出すことができます。詳細は「スクリーニングで割安株を見つけよう」をご覧下さい。

上昇トレンドの銘柄が、外部の要因で下がったところを買う

私が一番得意とする 投資手法で「押し目買い」と言われる手法です。将来上がりそうな株を見つけ出しても、上昇トレンドの高いところで買ってしまっては、下がるリスクが大きく なります。有望銘柄が下がったところで買えば、下がるよりも上がることの方が多くなります。株の初心者の方には特にお勧めできる手法です。 株価チャート/上昇中

株主優待銘柄の権利確定日に信用で売って、下がったところを買い戻す

高配当や、株主優待の人気の高い銘柄は、権利確定日の株価が一番高く、そのあと下がることが非常に多くあります。これらの株を権利確定日に信用取引(空売り)して、下がったところで買い戻せば高確率で利益を上げることができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ページ上部へ戻る