株の長期投資は非常識

高度成長期は経済も株価も右肩上がりでした。1989年の年末には3万9000円近くまで上昇しました。その当時、株価はいずれ近いうちに4万、 5万まで行くと言われていましたが、1990年になると日経平均株価はドンドン下がり始め、1999年の3月にはついに、日経平均は3万を割ったのです。 その後はご存知のように下がり基調は永遠と続きました。

バブルの頃は、株価、不動産すべて上昇したので、その時株を売り抜けた人は大儲けしたに違いありません。私が目標としている1億 円を儲けたなんて話はザラにあったことでしょう。しかし、その時もっと上がることを期待して株を売らなかった人は、大きな利益を逃してしまいました。また あのようなバブルが来ることはもう期待できないので「逃がした魚はほんとうに大きかった」ことになります。

逆に、あのバブルの最中、株を買った人も多くいたのです。(株があれだけ上がった訳ですから)その中には、投資資金のほとんどを 失い破産をした人も多くいたと聞きます。株だけでなく不動産で失敗した人も多いことでしょう。このことは非常に教訓になります。度を過ぎたことは何れ修正 されるのです。

昔は株を20年、30年保有していたら、将来財産になるといわれましたが、今はそんなことは決してありません。右肩成長が止まった 今、株の長期保有はダメということです。この先一方的に上がるとも、下がるとも誰もわからないのです。ですから、時流に乗って短期で勝負するのがベストです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ページ上部へ戻る