バブル崩壊後、不景気な時代が続き、企業はリストラや賃金カットを行いました。その結果、サラリーマン・OLの収入が減りました。そこで、副業をすることによりお小遣いや家計の足しにし始めたのです。

一般的な企業において、サラリーマン・OLの副業は禁止されて います。しかし、実際は、サラリーマン・OLが副業で多くの副収入を得ています。ある調査によると、約3割の方が副業をしているというデーターもありま す。今や副業は会社に内緒でするのが当たり前のようになっているのです。

このように副業が流行している原因の一旦は企業にあります。企業の収益を上げるために、サービス残業がまかり通っているのです。これでは、サラリーマン・OLはやる気が起こりません。早く家に帰って副業をした方がより多くの収入を得ることができるからです。

 副業として人気が高いものは、株式投資、アフィリエイト、オークション、不動産投資、金投資、外国為替証拠取引、週末企業などです。

サラリーマン・OLは、これらの中からどのように副業を選択すればいいのでしょうか?

hukugyou

副業におけるリターンとリスク

副業のリターン(収益)とリスクについて考えると上図のようになります。

株式投資のリターンは、他の副業に比べ大きい(100万円程度の資金を数十億円以上にした人もいます)ですが、その分ハイリスクでもあります。しかし、恐れる必要はまったくありません。株式投資の基本を理解し自分の投資方法を確立すれば、リスクも軽減できるでしょう。

投資信託は、株式投資はしたいけれど自分で銘柄を選んで売買するよりも投資のプロに運用を任せたいと思われている方にお勧めです。

また、最近流行のアフィリエイトやオークションで、サラリーマン・OLの収入以上を稼いでいる人も大勢います。時間的に余裕があって、趣味と実益を兼ねて副業をしたい方にはお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ページ上部へ戻る