株で儲けるための資金

株式投資は、5万円~10万円程度のお小遣いがあれば取引が可能です。

しかし、総合証券会社は少し異なります。2000年ITバブル当時、某証券会社の店舗で相談した時には「200~300万円ぐらいあればいいでしょうね。」と言われました。

ネット証券で株取引をするネット株は、小額から投資をできるのが魅力です。

マスコミに登場する一部の個人投資家 (デイトレーダー)は1日に数千万円~数億円売買することもあるようですが、私たちのような一般的な個人投資家にはまったく関係のない話です。もし多くの 資金を持っていたとしても、いきなり大金を株式投資に回すのは危険です。まずは小額投資で株のコツを掴んでから自分の資産に見合った額で運用するようにし ましょう。

一般的には、株式投資に回すお金は自由になるお金の1/3程度と言われています。例えば、自由になるお金(3ヶ月の生活費は別の形で蓄えて置きましょう)が300万円あったとしたら、100万円は株式で運用、200万円は別の運用ということです。

ミニ株は少ない予算で多くの銘柄に投資できる

通常、株式投資にはまとまった資金を 必要としますが、株初心者にとって、多くのお金を株式に投資するのは容易なことではありません。特に初めて株式投資するのであれば、少ない投資金額から始 めたいものです。ミニ株はそんなあなたにピッタリの株取引です。ミニ株は、その1/10の単位から取引できるので、銘柄によっては1万円からでも始められ ます。

単元株

例えば、 松下電器の場合、
単元株は1000株なので通常
株価が1800円とすと
1800円×1000=180万円必要です

ya01

ミニ株

1800円×100=18万円

単元株は180万必要ですが、ミニ株であれば18万円で済むわけです。ただ、ミニ株の場合、前日に注文をいれておいて、翌日の寄り付きの値段で取引されます。指値はできず、この寄り付き1回でしか売買できないので注意が必要です。

ミニ株を扱っているオススメのネット 証券は、マネックス証券です。マネックス・ビーンズ証券のミニ株取り扱い数は1000銘柄もあり今後2000銘柄に拡大される予定です。また、マネックス 証券は、証券取引所が閉まったあとも取引ができるマネックスナイターが大人気。話題の「逆指値」も可能です。

小額投資なら取引手数料が無料のネット証券

1日の売買が20万円以下なら売買手数料が無料のネット証券があります。10万円程度の売買でも500円程度の手数料がかかるのいが普通ですからこれは、個人の投資家にとっては非常に大きな メリットです。下記のネット証券ではこのメリットを最大限享受することができますのでお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ページ上部へ戻る