株式投資と仕事(本業)の両立

 平日、サラリーマン・OLがネット株をする時間は、夜しかありません、朝から夜まで働いているわけですから当然のことです。昼休みに株価を調べたりすることは可能ですが20~30分程度しかありません。

サラリーマン・OLは、効率的にネット株をしなければならなのです。夜遅くまで働いているサラリーマン・OLにとって、夕食後のひと時は、貴重な息抜きの時間です。しかし、その時間ぐらいしかネット株を売買する時間はないのです。

これからネット株を始めようと考えている方は、そのことを肝に命じておきましょう。

株のことが気になって仕事が疎かになてはダメ!

 最近テレビで、就業時間中に株の売買を禁止する企業が増えてきたとの報道を見ました。中には昼休み時間中であっても株の売買を禁止する企業もあるそうです。

理由は簡単です。仕事中に株のことばかり考えていたら仕事に悪影響を及ぼすからです。ネット株の取引は、会社のパソコンからでも自宅で行っているのと同じように取引ができますし、社外にいる場合でも携帯。スマホで株式の売買が簡単にできるのです。

私もライブドアショクの時には、就業時間中に携帯で何度も株価をチェックし ました。あのような事件は特別ですが、業績修正の発表なども気になります。これは、株をやっている方にはどうしようもないことです。しかし、会社から何も 言われなくても最低限のルールは守るようにしたいものです。

守りたいルール

  • 就業時間中に会社のパソコンで株の取引をしない。
  • 就業時間中にモバイル(スマホ)で株の取引をしない。
  • 就業時間中は株のことは忘れるように努力する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ページ上部へ戻る