株式投資を始めるのに年齢制限はない

株取引には年齢制限はありません。未成年の場合は親の承認があれば口座を開設することができます。未成年が大金を株取引で運用することはお勧めできませんが、経済の勉強のつもりで若い頃から株取引をするのはいいことだと思います。

小学生でも株の取引はできる

前述のように年齢制限がないのでもちろん、小中学生でも株取引は可能です。

マネックス証券では、もっと もっと株や投資のことを知って欲しい。そんな思いで、親子で株や投資について学ぶ「株のがっこう」を開校しました。1月6日には東京証券取引所に小学5年 生~中学3年生まで、全国から28人のお子様とその保護者が集まって、株の基本的な仕組みやルール、経済のことなどを学んだそうです。

アメリカでは、小学校から株取引の授業がある

 日本の学校では、お金に関することはほとんど教えてくれません。
・お金はどうやって稼ぐのか?
・一般的なの生活をするためにはお金がいくら必要か?
・お金を増やすにはどうするのか?
・資産運用・株式投資は、どうやってするのか?

アメリカでは、子供の頃から学校や家庭で、これらのことについて教わります。小学校から株の授業があります。高校になると経済の授業で実際にネット株の擬似取引(ゲーム)もあるそうです。

しかし、日本では、お金のこと に関して誰も教えてくれません。特に資産運用や株式投資などは「がめつい」「うさんくさい」「インチキ」「バクチ」みたいなイメージがあります。日本人 は、お金が大事であることは理解していますが、資産運用は、ごく一部の人が行っているに過ぎません。ですから、日本は外資に思うようにやられっぱなしなの でしょう。

サラリーマンは勉強のつもりで株を始めよう!

 企業で働くサラリーマンにとって経済の勉強をすることは必須です。社会人になりたての新入社員にとって、株式投資は経済を勉強する上で絶好のチャンスです。20代の若いサラリーマンも同様です。

気になる会社や自分の好きな会社の株を小額から買ってみよう。そうすれば、内外の世界情勢、経済など社会がいろいろ見えてきます。社会がいろいろ見えてくれば毎日が楽しくなります。

そして何よりも金銭感覚がつきます。パチンコ、飲み代、キャバクラ、風俗などお金を無駄使いしていませんか?その無駄使いの中から毎月数万円を株取引に回しましょう。

そうすれば、将来数億円の資産が築ける可能性もあるのです。株式投資は宝くじやギャンブルではありません。将来の夢を叶える資産運用なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ページ上部へ戻る