信用取引とは、投資家が証券会社に現金や、株券を担保として預けお金や株券を借りて株式の売買をすることです。

これに対して、全額自己資金で株を買ったり、保有している株を売ったりする売買を「」現物取引」と言います。信用取引には、現物取引にはない様々なメリットがあるので多くの投資家は信用取引をやっているようです。

株を買いたいが、その分の自己資金がない時、信用取引なら自己資金の3倍程度の取引ができるのです。自己資金100万円であっても300万円までの取引ができてしまうのです。

例えば、100万円の株が120万円になった場合、自己資金だけの場合、利益は20万円しか得られませんが、信用取引の場合その3倍の60万円の利益が得られるのです。株が上がった場合は3倍ですが、もちろん、下がった場合も3倍の損失がでますので注意は必要です。

また、信用取引のメリットとして「カラ売り」というものがあります。下げ相場で「カラ売り」(信用売り)をすれば株価が下がっても利益が得られるのです。

信用取引を行う貯めに葉、証券会社に委託保証金となる現金や証券を差し入れる必要があります。委託保証金は、法律で30%と定められており、証券会社によって差異はあるものの30~33%が多いようです。

私はまだ信用取引をやったことがありません。現物取引だけです。何故なら単純にリスクが大きく怖いイメージがあった からです。しかし、最近信用取引を始めてみようかと考えています。理由は「カラ売り」をしたいからです。企業の悪い材料が出た場合、一部例外はありますが ほとんど場合、株価は下がります。これも1日だけ下がるのではなく3~5日間程度下がり続けることが多いのです。とうことは、悪い材料がでた初日に「信用 売り」をして3日目に買い戻せば儲かる確率が高いということです。

制度信用取引(一般的な信用取引)

制度信用取引とは、証券取引所に上場している株券等を対象とし、品貸料及び返済期限等が証券取引所等の規則により一律に決定されている信用取引です。また、 制度信用取引によって行った売買の決済のために、当社は証券金融会社から売付株券等及び買付代金を証券取引所等の決済機構を通じて借り入れること(貸借取 引)ができます。

制度信用取引ができる銘柄は、株券等のうち、証券取引所等が決めた銘柄(制度信用銘柄)に限られます。なお、制度信用銘柄を対象とした買付けであれば、貸借取
引により当社が買付代金を借り入れることは原則として可能ですが、売付株券等を借り入れることができるのは、制度信用銘柄のうち、証券取引所等が決めた銘柄(貸借銘柄)に限られます。

制度信用取引の返済期限は6 か月

一般信用取引(証券会社固有のもの)

一般信用取引とは、証券取引所等に上場している株券等を対象としますが、品貸料及び返済期限等は、証券会社との間で自由に決定することができる信用取
引です。

一般信用取引ができる銘柄は、株券等であれば、上場廃止基準に該当した銘柄以外原則として制限はありません。ただし、証券取引所等が売買状況等により、特
定の銘柄について一般信用取引の利用を禁止する場合もあります。

信用取引には通常期限がある

信用取引で「カラ売り」をすれば、いつかは買い戻さなければいけません。通常、信用取引をした場合の反対売買の期 限は半年です。これは「制度信用」の場合のみで楽天証券などが行っている「無期限信用」ではシステムが異なります。ですから、「信用買い」が非常に多い場 合、いずれその株は売られるので、その時は株価を下げる要因になるのです。「信用売り」が非常に多い場合も同じことです。いつかは株価を上げる要因になる のです。

信用残

個別銘柄の信用残は毎週、公開されています。個別のこのデーターを見ればどれくらいの信用買い、信用売りがあるのかわかります。もし、自分の持っている銘柄で信用の買い、若しくは売りの急激な変動があった場合注意が必要です。
・信用買いが信用売りを大幅に上回ってくればそろそろ下がり始める兆候。
・信用売りが信用買いを大幅に上回ってくればそろそろ上がり始める兆候。
かもしれません。

信用取引手数料

信用取引をする場合、信用取引金利・日歩(金利みたいなもの)を支払わなければいけません。
・信用買いの場合・・・証券会社から購入資金を借りるのでこれに対して2%程度の金利が必要です。
・信用売りの場合・・・信用取引貸株料として約定代金の1.15%かかります。
信用売りの場合日歩を受け取ることができるのですが、現在は金利が低いのでほとんど0%のようです。

逆日歩

逆日歩という言葉をご存知ですか?これは、信用売りする場合、証券会社が株を貸してくれますが、証券会社に株がない 場合、証券金融会社から株を借りる必要があります。信用売りが多くなってくると、証券金融会社でも株が不足してきます。そこで証券金融会社は金融機関やそ の他株を保有しているところに株を貸してもらう訳です。
その時に借り賃(利子)が必要になってきます。逆日歩とは、売り方が払い、買い方が受け取ります。貸し株が不足すればするほどこの借り賃は高くなるので す。例えば、株価100円の銘柄に逆日歩1円50銭がついた場合1日あたり、1.5%の借り賃がつく事になります。逆日歩は土、日、祝もつくので、期間が 長いと意外と大きいものになります。逆日歩に焦点を当てて売買をしている人もいるぐらい、株式の世界では重要なことなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ページ上部へ戻る