株の投資スタンスを確率しよう

株取引には、様々な手法があります。身近なものとしては、デイトレードですね。デイトレードは、以前はプロのトレーダーだけが行っていました。多額 の資金を運用して1円、2円の差額から多くの利益を稼ぐことができます。昔は、株価の分足なども一般の方には入手し難い情報だったのですが、今では、ネッ ト証券会社などで情報をリアルタイムで入手できるようになり、個人投資家のデイトレーダーも急増しています。

デイトレードは、株を翌日に持ち越さないので、リスクが少ないと言えます。その反面、ギャンブル性が高いマネーゲームだという人 も言います。デイトレードは、取引をしている間、株価の分足などを見ながら張り付いていなければいけません。そのような時間がとれる人にしかできません。

そこで最近、ウィークリートレード、マンスリートレードなどと呼ばれる、売買の期間がもう少し長い手法も取り沙汰されています。 どれも期間が違うだけで同じようなトレードです。これなら、会社勤めをしている方でも売買が可能です。投資スタンスというものは、個人の環境、考え方に よって大きく異なります。次に、一般的な売買手法をいくつか紹介します。

押し目買い

 注目している銘柄が外部要因で15~20%下がった時が狙い目です。
いわゆる「押し目買い」と呼ばれるものです。

ボックス圏買い(スィングトレード)

 株価がある範囲を上がったり下がったりしているボックス圏内にいる銘柄も狙い目です。過去の株価から将来の株価がある程度予想できるからです。ボックス圏の下限付近で「買い」上限付近で「売り」をすれば良いわけです。

ゴールデンクロス買い

ゴールデンクロスとは、期間の異なる移動平均線の短期線が長期線を下から上に突き抜ける状態のことを言います。 注目している銘柄が運悪く、その銘柄固有の原因で下がり続けているとします。しかし相場はいつか反転するのです。その反転時期に「買い」をします。投資家 の注目度は高い。

売買高急上昇買い

大勢の方が行っている人気の手法です。人気があるということは人より早く売買ができれば勝つ確立が高いということです。しかし遅れれば遅れるほどリスクが高くなるころを肝に命じておく必要があります。

株価急上昇買い

大勢の方が行っている人気の手法です。人気があるということは人より早く売買ができれば勝つ確立が高いということです。しかし遅れれば遅れるほどリスクが高くなるころを肝に命じておく必要があります。

配当・株主優待買い

3月25日に株をもっている人には、株主配当、株主優待などの権利が得ることができます。よって、配当利回りや 株主優待が良い銘柄には一時人気が出ることが多くあります。それを、先回りして「買い」っておき、3月25日付近で「売り」をするのです。もちろん、自分 自身が配当や優待を狙って買ってもいいわけですが、3月26以降下がる銘柄もあるので、割り切ってキャピタルゲインを得た方が良い場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ページ上部へ戻る