株は企業が資金調達をするために発行する有価証券のことです。企業が事業を経営していくためには非常に多くの資金が必要です。その資金をすべて企業で調達することは難しいので、株券を発行して投資家から資金を集めます。株 式の値段は、一般の商品と同じように需給と供給のバランスによって決まります。つまり、その株を買いたい人がたくさんいれば株価は上がるし、反対に売りた い人が多ければ株価は下がります。人気のある株というのは、その企業の将来性や成長性が期待されているということです。

株式投資のチャンスを掴む

当サイトの最終目的である1億円作ることは、会社員やフリーターが普通に仕事をしていては、到底達成できるものではありません。では、事業を起こせばどうでしょうか?リスクが大きすぎて簡単にできるものではありません。宝くじでも当たればいいですが、これも夢のまた夢です。そこで株式投資なのです。リスクはもちろんありますが、勉強すればこのリスクは最小限に抑えることができます。
株式投資は、年齢、職業に関係なく誰もが公平に儲けるチャンスがあるのです。そ して現在は、株式投資にとってふたつの追い風があります。ひとつは、日本株式は世界的に見て、また歴史的に見ても割高感がないことです。そふたつめは、イ ンターネットで手軽に取引ができることです。インターネットを使いこなせば、多くの情報を入手するこが可能です。私は、99%インターネットで情報収集し ています。四季報の情報から日々のリアルタイムな情報まですべて揃っているといっても過言ではありません。しかし、株をまったくしたことがない方がいきなり口座を開設して取引を始めるのはお勧めできません。まず、株式の基礎的なことをじっくり勉強し、仮想取引ゲームなどで取引の感覚を掴んでからにしてはどうでしょうか?仮想取引ゲームはトレダビなどがお勧めです。

株を買うメリットとは?

 株を買うとその企業の株主になれます。株主は主に『配当金』と『キャピタルゲイン』(値上がり益)の2つの利益があります。配当とは、企業のたくさん儲かれば、その利益が株主に配当として還元されるものです。年率数%という高い配当金をだしている企業もあります。キャピタルゲインとは、株価が値上がりした場合、購入価格と売却価格の差分で得られる利益です。 最近流行のデイトレーダーたちの中で1日で数百万以上稼ぐ強者もいます。その他『株主優待』や『経営参加権』もあります。『株主優待』は決算期末に単位株を保有している株主に与えられるもので自社製品がもらえたり、割引チケット、商品券など各社いろんな物があります。

株で儲けるためには?

株の選択、購入/売却時期が大事です。これにつきると言ってもいいかもしれません。株の銘柄選びは、短期と中長期で異なります。中長期の場合、成長性と安定性を重視するといいでしょう。PERがあまり高くなく一株益が今後どんどん増加していく企業を選択するのが基本です。短期の場合、デイトレーダーの独自の手法がいいろあって一概には述べられません。私は成長性を重視して選択しています。

株を安い時に買って、高くなったら売る。これが株で儲ける基本です。ほしい株が(その企業の大きな悪材料でなく)下がり、反転する時が狙い目です。押し目買いやゴールデンクロスがそれにあたると思います。また、好材料が出た時に飛び乗ってすぐに飛び降りるといったことも短期売買ではO.Kでしょう。それから一番大事なことは、ロスカットです。
バブル期(1995頃)から興味はあったのですが、2000年頃、初めて株を買いました。それが未だに塩付けとなっており現在、約200万のマイナスで す。あの当時、嫁さんにお金を借りて始めた投資だったのですが、日々どんどん下がっていく株価に恐れをなして売ることができなかったのです。これは塩漬け 株などと言われていますが、絶対やってはいけないことだと痛感しています。 ですから、今回、株を再開するにあたってこれだけは絶対心に誓っています。『購入価格より20%以上下回ったら絶対売る。』
出張で株の売買ができない環境の時は、逆指値で売りをかけておくこともするつもりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ページ上部へ戻る