投資信託と株式投資との違い

投資信託とは、投資家から集めたお金を運用の専門家である投信委託会社(運用会社)が株式、リート(不動産投資信託)などの有価証券に投資し、その収益を分配金や償還金として投資家に配分するものです。

投資信託は、昔は証券会社の窓口で販売されていましたが、現在、銀行、郵便局、コンビニ、ネットでも簡単に買うことができるようになりました。

投資信託は、販売手数料のかからないものもありますが、基本的に販売手数料が必要で株と同様、元本割れのリスクもあります。

投資信託のメリット

小額投資からはじめられる

株取引の場合は少なくとも10万円程度の初期投資が必要ですが、投資信託は、毎月1万円程度からの申込みで株式・債券に投資を行うことが可能です。

分散投資でリスクが少ない

投資信託は国内外の様々な株式、債券、リートなどに投資するのでリスクが軽減されます。

投資の専門家の運用に任せられる

投信委託会社(運用会社)は、専門的な知識を持っているプロ集団です。売買するタイミングや銘柄選択においても私達個人投資家に比べ勝っているかもしれません。

投資信託のデメリット

他人任せの運用になる

自分で銘柄選択た売買を直接しなくてもよいので楽な反面、自分のお金を他人に預けてしまうことになります。

株式投資に比べ収益性は低い

投資信託はリスクを軽減するために分散投資が基本です。よって、株取引のように元本に対して10倍、20倍というような収益を得ることはできません。

投資信託か株式投資どっち?

投資信託を購入するまえに下記のチェックをしましょう。
各設問に対して、YESの場合 にチェックをいれて下さい。

投資信託購入前チェックリスト
 投信に手数料が2~3%程度かかるのを知っている。
 他人任せの投資よりも自分の思うように投資がしたい。
 海外運用は為替リスクがあるのでイヤだ。
 ハイリスク・ハイリターンを好む性格だ。
 投資信託の過去1年間の暴落率を知らない。
 投資信託の解約時の手数料はもったいない。
 株式投資のように自由に投資したい。
 短期間で大きな利益が得られる株取引に興味がある。
 自己資金が100万円以上ある。
 資産運用で1億円以上作るの夢だ。

さて、あなたは、株か投資信託どちらに向いているのでしょうか?

YES 8~10
あなたは株取引に向いています。今すぐにでもネット証券に口座を開設し、夢を持って株取引をはじめてはいかがですか?

YES 5~7
あなたは、投資信託向いています。堅実な投資をしましょう。

YES 0~4
株取引、投資信託どちらも向いていません。預貯金がいいのでは。

*この設問結果につきましては、管理人の個人的な見解です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ページ上部へ戻る