ミニ日経225先物取引(日経ミニ225)

ミニ日経225先物取引とは、日経平均株価を対象にした株価指数先物取引です。

最低取引単位(1枚)は、日経平均株価を100倍した金額で、日経225の1/10の金額で取引できます。少ない資金で投資できるので個人投資家に大人気です。
また、株式投資のように売買代金を支払うのではなく,証拠金と呼ばれる担保を差し入れることで取引ができるので,少ない資金で比較的大きな取引ができるという特徴があります。

日経ミニ225は、先物取引(満期日に現在の価格で決済することを約束して行う取引)です。満期日の価格が現在の価格より上昇すると思えば買建下落すると思えば売建をすればよいわけです。

日経225先物取引の特徴

最も親しみのある株価指数を取引対象している。

個別株式のように銘柄選択をする必要がなく、業績悪化等による倒産のリスクがない。

個別株式現物取引のように、取引価額の全額ではなく、証拠金を差し入れるだけですので、少額のご資金で比較的大きな取引が可能です(※証拠金を上回る損失が生じるリスクもあります)。

相場の下落が予想される時などは、買建ではなく売建からも取引ができる。

リスクヘッジとして利用できる。
持株と逆の売買をすることでリスクヘッジができます。

例えば,保有している日経225ETF(株価指数連動型上場投信)が将来値下がりしそうだと予想した場合,日経225miniを売建ておくことで値下がりをカバーしヘッジすることができます。

※「日経225ETF」は日経平均株価(日経225)と連動して値動きするように設定された投資信託で,株式と同様に株式市場で売買できる商品です。現 在,大阪証券取引所には「日経225連動型上場投資信託」と「ダイワ上場投信―日経225」の2銘柄が上場しており,10口単位「日経平均株価(日経 225)の10倍の金額」から売買できます。 ※税制上,ETFと日経225ミニの損益は通算できないため,日経225ミニの利益は課税対象となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ページ上部へ戻る