みなさんの将来の夢は何でしょう?

私は、最近ようやく人生設計について考えるようになりました。
リタイヤ後のセカンドライフを踏まえ、どうすれば幸せな人生が送れるのか考えています。
20~30代の方で人生設計をきちんと立てている方は、 ほんとうに素晴らしいと思います。
お金の大切さを十分理解した上で、節約、貯蓄、資産運用について既に考えていることでしょう。
人生設計のある人は今を大切に、そして将来に希望が持てる人だと思います。

将来の夢の考え方

将来について考える時、自分自身と家族が幸せに暮らすことができるように考えなければいけません。
自分ひとりだけのことを考えていたのでは、素晴らしい将来は見えてきません。
リタイヤ後のセカンドライフを見 据えて、家族全員の今の生活、そして将来の生活を考えたいものです。

夢を叶えるにはお金が必要

人生設計のキーワードはお金であると思っています。

人生 設計を考える上で、将来何をしたいか?将来どんな暮らしがしたいか?を考えなければなりません。

例えば「将来独立したい」「定年後は田舎暮らしがしたい」 「自分のお店を持ちたい」「子供に海外留学させてあげたい」「夫婦で世界旅行がしたい」「ボランティアがしたい」など様々なことがあるでしょう。

当然のこ とですが、これらはすべてお金がいることばかりです。お金なしでは人生設計を考えることはできません。
日本の学校では、お金に関することはほとんど教えてくれません。
・お金はどうやって稼ぐのか?
・一般的なの生活をするためにはお金がいくら必要か?
・お金を増やすにはどうするのか?
・資産運用・株式投資は、どうやってするのか?
アメリカでは、子供の頃から学校や家庭で、これらのこと について教わるようです。
しかし、日本では、お金のことに関して誰も教えてくれません。
特に資産運用や株式投資などは「がめつい」「うさんくさい」「イン チキ」「バクチ」みたいなイメージがあります。
日本人は、お金が大事であることは理解していますが、資産運用は、ごく一部の人が行っているに過ぎません。
このことは、貯蓄のほとんどを銀行、郵便局などに預けている人がい多いことからもわかると思います。

借金生活なんてまっぴら!お金の奴隷から脱出したい

借金を返済する為だけに働くことは幸せでしょうか?日 本のサラリーマンの多くは、住宅ローン地獄に陥っています。
毎月10万、ボーナス50万を返済に充てている方などざらにいることでしょう。
このような多額の返済をしても残りが多くあれば何の問題もありません。
しかし、収入に見合った金額以上に借金をしてローン地獄になっている人も私の身近に多くいます
私も、2000万円の住宅ローンがあります。ローン地獄まではいきませんが、かなり家計を圧迫していることは事実です。
逆に借金がなく、貯蓄のある場合を考えてください。
毎月の給料は、ローン返済がないので、自由に使えるお金がかなりあると思います。
そのお金は株式投資などの運用で、さらに増やすことも可能です。

借金のために 働くような人生から脱却し自由に使えるお金を増やすために働きたいものです。
お金がないと人の行動範囲を狭くし、消極的になりがちで す。
20代のうちは、貯蓄だけをすれば良いというものではありません。給料の2~3割はしっかり貯蓄をし、残ったお金は生きたお金として使いたいものです
単なる趣味や遊びの範囲を超えたものにも投資することをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ページ上部へ戻る