FX(外国為替証拠金取引)の基礎知識

FXは、「Foreign Exchange」の略で外国為替証拠金取引のことです。ドルやユーロなどの外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品です。

FXの売買はシンプル

「円高ドル安」の時にドルを買って、「円安ドル高」の時 にドルを円に売ることによってその差額が利益となります。逆に「円安ドル高」の時にドルを買って、「円高ドル安」の時にドルを円に売ることによって、その 差額が損失となります。
【買ポジションを保持した場合】
「ドル/円」が100円の時に買い、その後105円で決済を行うと利益を得ることができます。
反対に、
「ドル/円」100円の時に買い、その後95円で決済を行うと損失を被ることになります。
【売ポジションを保持した場合】
「ドル/円」が100円の時に売り、その後95円で決済を行うと利益を得ることができます。
反対に、
「ドル/円」100円の時に売り、その後105円で決済を行うと損失を被ることになります。

小額資金で投資可能

給与やお小遣いが少なくて、お金を稼ぎたいと思っている方は多いことでしょう。私もその内のひとりです。
FXは、株取引に比べて少額取引が可能です。
大雑把に言うと、株取引では、少なくとも50万円程度の資金はほしいところですが、FXなら10万円程度の資金あればスタートできることになります。
FXは、担保となる資金(取引保証金)にレバレッジをかけて、何倍もの金額の外貨取引ができます。

レバレッジ

10万円の資金(取引保証金) なら10万円分の取引しかできないのですが、レバレッジが10倍の場合、取引できる金額が10万円の10倍の100万円になるのです。言い換えれば、通貨の元本の10分の1の資金があれば取引が可能ということです。
現在、レバレッジは、1倍~25倍まで選択できるところが多いようです。但し、高いレバレッジで取引すると相場の変動に伴うリスクも大きくなるので、余裕を持った資金が必要です。

FXの取引単位

FXの取引単位は、これまで1万通貨単位がこれまで一般的でした。例えば、1米ドル=100円とすれば、1万通貨の米ドルを買うということ は100万円の資金が必要です。
しかし、最近は、1000通貨単位で取引できるFX口座も多くあります。1000通貨単位なら、10万円分の投資からスタートできることになります。

はじめは練習のつもりで

FXは元本保証はありません。余裕資金で投資をすることが重要です。はじめの1ヶ月は、10万円程度を口座に入れ小額で練習をした方が良いと思います。慣れてくれば少しずつ資金を増やせば良いのです。

24時間いつでも取引可能

FXは24時間眠らないマーケットです。FX(外国為替証拠金取引)の市場は、世界各国で約50箇所の為替市場があり、常に取り引きが行われているため 24時間(土日を除く)取引が可能です。株式市場等のように取引時間に制限がないので、ライフスタイルに合わせて取引ができるのはFX魅力ですね。

長期でも短期でも投資可能

FXの投資は大きな流れを掴むことが大切です。

短期

大きな流れの中にも、世界の情勢(経済)の変化などにより流れが変わる時があります。このような時、押し目買いをするのか、流れが変わったと捉えるのかが重要な判断となります。
私の売買手法は、押し目買い(スィング)が基本です。トレンドから1円~2円の幅で売り買いを入れておき、それにタッチした時にだけ売買が成立します。そして決済は1円~2円程度で利益確定をします。深追いは決してしないので利益は小さいですが、これまで大きな損益も少なくなります。
なお、私の場合、デイトレの方のようにパソコンに張り付いて売買するのは、ストレスが大きくなるので無理ですね。

長期

2011年ドル円は、1ドル=75円程度まで円高になりました。そして、2015年6月現在は1ドル=123円程度。なんと5年で48円近くも円安になったのです。この大きな流れに乗ることができていれば大金を掴むことができたでしょう。
そして、これからのことですが、円高から円安へのトレンドは、まだ続くのでしょうか?
125円を超える円安は様々なマイナス要因があることや、米国の利上げも間もなくスタートすることから、これ以上大きく円安に向かう可能性は低いかもしれません。

2015年夏頃には円高へ方向転換か?
2015年夏頃には円高へ方向転換か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ページ上部へ戻る